人気ブログランキング |
ブログトップ

Journal

boudoir13.exblog.jp

自由って楽じゃないよ

10歳ユーチューバーについて

まだまだ議論されていますね。

擁護する芸能人もいれば

「自分の子だったら学校に行かせる」

と言うママタレがいたり。


なるほどねーと思ったのが

「子供の意見を大人が尊重しすぎ」という意見。


最近は、ブラック校則やブラック部活などが問題になり

SNSの普及もあり、

子ども自身が声を上げやすい環境になってきましたよね。

それは良いことだと思います。


これから日本もどんどん、

子どもの権利が守られる世界になると思います。

選択肢が増え、子供自身がチョイスできる環境、

つまり自由が得られるのです。


ちょっと話が飛びますが、

不登校が多いのは息子の学校だけではないようで

(高校に上がってからは全員来れるようになりました。)

娘の学校の2年生の先輩ママに聞いたところ、

去年、つまり1年生の時点で、

先輩のクラスには3~4人の不登校児がいたそう。

(特別多いクラスだったかもしれませんが)

どの子もいじめが原因ではないそうで

楽しそうな行事ごとの時は学校に来るそうです。

(これは息子の学校の子も同じ。)


またまた、話が飛びます。

3年以上前から近隣の中学校では

学力の二極化が進んでいるそうです。

トップ層の学力も娘の中学と比べると低いそうです。

その中学は、いわゆる"ゆるい"感じの学校です。

このたぶん"ゆるい"感じが

もともと主体性のある子には良いけれど、

そうでない子のやる気をなくさせているんだと思います。

また親御さんも、そういう地区に住んでいると

「そういうもんだ」と疑問を持たず

過ごしてしまうことが多いのでしょうね。



で、話は二つ前に戻りまして

子供の意見を尊重する社会の流れに乗って

子どもたちの二極化がどんどん進むと予想してます。



自由ほど責任が伴うものはないなぁと思います。

ブラックなんちゃらは良くないに決まっていますが、

大人たちが敷いたレールにある程度乗っていた方が

絶対楽ですよね、笑



息子も自由を訴える方なので(笑)

「あぁ、何も考えずに目の前にあるやるべきことを

コツコツこなすことの出来る人間の方が生きやすいだろうなぁ」

と思うのです。


これから早熟な子が増えると思いますから

そういう子には

元担任の「迷ったらキツイ方を選べ!」

という言葉をささげたいです、笑



自由って楽じゃないよ。




では。

# by boudoir013 | 2019-05-17 12:49