「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

BOUDOIR

boudoir13.exblog.jp

2017年 02月 02日 ( 1 )

隣人とうまくやる

息子のクラスの担任の先生の考えに共感し過ぎて

週に何回か発行される

クラス便りを読むのが楽しみです。



先日配られたお便りにはこんなことが書かれてて

ふふっと笑ってしまいました。



「席替えの大きな目的の一つは

”誰とでもうまくやる力をつける"ことです」

と書かれていました。


先生は「みんな仲良く」なんて言いません、笑

「うまくやれ」というのが、らしくて笑えます。


前にも書いたような気がしますが、

我が家は子供たちに「お友達沢山出来るといいね」とか

「みんなと仲良く」とか

「人に優しく」とか言ったことはありません。


もちろん、

言葉や態度で人に優しくできることも"優しさ"ですが、

何も言わない、そっとしておくことも

時には、それも"優しさ"だと思うのです。


お友達が沢山いることが良いこととは限らないし、

みんなと仲良くすべき、とかは夢物語だし、笑


あえて、これらには触れずに育ててきました。


けれど、「誰とでもうまくやる」力って大事ですよね。

特に、この日本では。


仲良くしろとは言わないが、うまくやって欲しい。



話は少しそれますが、

まぁ、いつものことなのですが

今の娘の隣の席の男子が、またもや「んー」って子です^^;

今度は、どんな「んー」かというと(笑)

毎日筆記用具を持ってこないらしいのです。

で、娘の消しゴムやら色鉛筆やらを勝手に借りるのだそう。

毎日持って来ないってどういうこと?



聞くと、どうやら低学年の頃からだそうで

先生も注意することを諦めてしまっているし、

一部の子も、もう慣れっこになってしまって

その子に無条件で筆記用具を貸してあげてる子もいるそうです。

娘が「勝手に借りないで!」と横を向いて注意すると

「カンニングすんなよ!」と言い返されるそうで、

毎日、プチストレスを抱えています。



娘は、気持ちよく毎日貸してあげられない自分を

「私は、心が広くないのかな」なんて言い始める始末^^;

「このまま続くようなら先生に言ったら?

それともお母さんが先生に言おうか?」

と言うと「もうすぐ席替えだからそれまでは我慢する」

という答えが返ってきました。


なんていう話をしていましたら、

息子が、



その子に「忘れ物したので友達に借りてもいいですか?」と

先生に言わせなくちゃだめだよ。

忘れ物と、嫌な思いをセットにしなきゃ

その子の忘れ物は治らないよ



と言っていました。

なるほどー、確かに。


息子のクラスでは、

学校の決まりでも先生が設けたルールでもなく

自分たちで決めた暗黙のルールがあるらしく、

「忘れ物をした子は、友達に借りる前に

先生に自己申告する」というルールを設けたそう。

リスクなくして物を借りるな、

ということです^^;



きびし~~い




なんだか、その話を聞いて涙が出ちゃいました^^;

まだ中学一年生の子達が

こんな厳しいルールを自分たちに設けるなんて^^;

↑バカな大人




まぁ、あと数年たてば分かると思いますが、

「人に厳しくすることに意味があるのか」なんて

気づくと思いますよ。



自分に甘く、人にも甘く

ばんざーい、笑



自分たちで決めたことですから

口は出しません、というか出せませんが^^;



でも、確かに

「毎回忘れ物をする子」「いつも貸してあげてばかりいる子」

にしてみれば良いルールかもしれませんね^^





thanks.
[PR]
by boudoir013 | 2017-02-02 09:36 | 子育て・中高一貫 | Comments(14)